Creative Sunday - デザインを外注しよう

デザインを外注する時に知っておきたいポイントは?

▼ 目次

デザインを外注するのなら

DTPデザインを外注したいと考えても、実際にどうすれば良いのか、また外注するにあたって決めておかなければならないことは何なのかと悩んでしまいます。
そのような不安や疑問を抱えていることで、デザイン外注を踏みとどまってしまうケースも少なくないです。
しかし依頼するデザイン会社を選択して、実際に外注をすることはそれほど難しいことではありません。

ただ多くのデザイナーにとってデザインを考えるという作業は、才能で突如ひらめくようなものではなくて、いろいろな参考画像・キーワードをもとに組み立てていく作業です。
その為、受注者としては発注者の頭の中から参考となる情報や素材を得たいと考えています。
ですからデザインを外注する時には、曖昧な表現や任せっきりの発注内容にならないように少しの工夫が必要です。

しかし、デザインの外注や修正の指示で意図を伝えて、それを反映させてもらう過程は簡単なものではありません。
そこで、何のために制作するのかといった目的、どこで配布するのかという配布場所、誰をゲットにするのかなどを考えておく必要があるのです。
また、どのくらいまでお金をかけられるのかといった予算、いつまでに必要なのかという期限なども考えておく必要がありますし、これらは最低でも外注先に伝える必要があります。
いずれにしてもデザインを外注する時に最も大切なことは、外注先とのコミュニケーションというのを理解・意識しておくことが重要です。

デザインを外注する際の指示は

外注する方法として知っておきたいことは、どのように指示をするのかということです。
その為には、言葉だけでなく下手でもラフイメージや構成を簡単にスケッチして、その手書きスケッチを共有して議論することです。
イメージが伝わるのか参考になるのか不安になるでしょうが、外注先としてはその手書きレイアウトがあることで、意見が言いやすくなって非常に助かります。
このように文字だけではなくて、画像やスケッチで打ち合わせができるだけでも、すり合わせの作業が捗りますし失敗を防ぐことにつながるのです。

デザインを外注する際に意外と曖昧になってしまうのが狙いについてで、具体的なイメージがあればあるほどデザインのヒントになるので狙いをしっかり伝えることが大切になります。
また、それと共に印象付けたいイメージを具体例で表現してデザインの方向性を伝えると、デザイナーとしても分かりやすくなりますしイメージが膨らみやすくなるのです。
その結果、イメージと違うといった失敗を回避することにもつながります。

デザインを外注する際にイメージと近い画像やサンプルを添えて指示することもおすすめで、受注者側はそれから全体的な印象や細部のポイントなどのヒントが得られます。
キーワードとなる言葉で検索すると自分の印象に近い画像が出てくるので、その中から5〜10枚程度選択して受注者と共有すると良いです。
ちなみに2〜3枚程度の参考画像では、同じものを作ってほしいと考えられてしまうこともあるので、ある程度の幅を持たせる意味で5枚以上は用意すると良いでしょう。
それから、最終的にデザインに無理が出る可能性も考えられることで、無茶な要求にならないのかどうかを、しっかり確認しておくこともデザインを外注する方法として知っておきたいポイントです。

デザイン 外注 ならこちらへ

失敗しないデザイン外注の心構えとは?

外注する方法としてどのように指示をするのかというと共に、デザイン外注で失敗しないための基本的な事項を抑えておくことも必要になります。
指示の注意点と重複する点もありますが、何かというと完成品のイメージをしっかりと伝えること、デザインの修正を依頼する時にどこが気に入らないかを明確に伝えることです。
また、抽象的な指示をなるべく避けること、欲張りな指示をしないこと、デザインで使う素材を丸投げにしないこと、リリースの計算をしっかりすることなども大切なポイントになります。
それから、外注先にすべてを任せるのではなくて、どうしたら結果を出せるのかを一緒になって考えていくことも必要で、そのためには発注側の知識やスキルの向上も欠かせないことです。

デザイナーをはじめ外注先のスタッフは、その商品や企画に関わったメンバーのひとりですから、お金の報酬以外の達成感や仲間との喜びを共有することも大切と言えます。
完成したものを共有して一緒に完成を祝うことができれば、より継続的にお互いにとって素敵な関係を築くことができますし、継続できる人間関係が得られるはお互いの宝になるのです。
先に紹介したデザインを外注する方法のポイントを抑えていくと、デザイナーへの外注作業もスムーズにすることができます。
また少しずつでも発注のコツが掴めてくると、デザインの外注は決して難しくはないので、不安や疑問で躊躇することなくデザインを外注してみるのもおすすめです。