デザインを外注する際には著作権についてもきちんと意識して

HOME » 外注 » デザインを外注する際には著作権についてもきちんと意識して

デザインを外注する際には著作権についてもきちんと意識して

様々なデザインを外注する際には、著作権についてきちんと意識する必要があります。
きちんと著作権について理解して外注しないと、後々著作権の問題でトラブルが発生してしまうことになるのです。

そもそも著作権とはどのようなものなのかというと、創作意欲を失わせないために著作者などに与えられた権利と言えます。
創作的に自らの思想・感情を表現した著作物を排他的に支配する知的財産権のひとつで、無断で使用することができなく許諾を得ないで使用すれば著作権侵害になるのです。
その為、デザイン・イラスト・写真・文章などを使用したい場合には著作者の承諾が必ず必要になります。
それほどひとつひとつを慎重に確認しなければならないのですが、レイアウトについては手法として捉えられているため似たような形のもが多くあるのです。

このように著作権はそれを創作した著作者に有るもので、デザインを外注した場合には作られたデザインの著作権はデザイナーが有しています。
ですから、いくら依頼したクライアントであっても、デザイナーの許可なく勝手に他の物へ使用することはできないのです。
デザインカタログのような営業用の媒体に許可なく二次利用してしまうとトラブルが発生してしまうため、基本的にはデザイナーから著作物と共に著作権を受け取る著作権譲渡契約を実施します。
契約を結ぶことでクライアントは受け取ったデザインを自由に加工したり、他に掲載したりすることができるようになるのです。

ただデザイナーにとっては時間をかけて生み出したひとつの作品であって、自身のスキルや仕事の模様を表すものなので大切な存在になります。
その為、簡単には権利を渡すことは難しいということもあって、ほとんどのケースで契約の際には譲渡料金が発生してくるのです。
ちなみに著作権譲渡契約を結ぶと逆にデザイナーは、自分の作品であってもクライアントの許可なく自身のWebサイトに作品事例として掲載するなど、勝手に使用することができなくなります。

一般の人の作品も最近では無断転載されているケースも多く見受けられますが、一般の人であっても著作権が存在することを忘れてはならないことです。
良いデザインや作品があると多くの人に広めたいという感情も理解できますが、必ず制作者の許可をとる必要があります。
このように、いたるところに著作権が存在していることを意識することが大事です。
ですから、デザインを外注する側もデザイナーもお互いが気持ちよく仕事ができる信頼関係を築くために、著作権について意識して外注することが大切と言えます。