DTPデザインを外注する方法とそれぞれの特徴

HOME » 外注 » DTPデザインを外注する方法とそれぞれの特徴

DTPデザインを外注する方法とそれぞれの特徴

DTPデザインの制作を外注する際にはフリーランスで活躍しているデザイナーに発注する方法や、制作会社・印刷会社など専門業者に外注する方法が一般的です。
DTPデザインの制作を外注先を選択する基準はいろいろと考えられますが、外注先別の特徴を知っておくと選択方法の参考として役立ちます。

DTPデザイン制作を外注する際に印刷会社を選択するのもひとつで、受注実績や制作実績数が多い会社なら安定したクオリティーが期待できるのです。
また印刷会社に外注すると印刷物として納品されるので、デザインと印刷の工程を分けて考える必要がなくて、担当者としてはとても楽になると言えます。
それから印刷会社に在籍しているDTPデザイナーなら、デザインだけでなく印刷に関する幅広い知識もあって、それに伴い一定以上の品質を望むこともできるのです。

ただ印刷会社の本業は印刷なので、多くのデザインサービスでテンプレート型や半オーダーエイド型での外注方法になります。
ですから、最適なデザインの練り直しを繰り返して製作するのではなくて、よく見るデザインレイアウトにあわせて写真やキャッチコピーなどを当て込む方法と考えるべきです。
つまり、印刷会社にDTPデザイン制作を外注する場合には、奇抜さや完成度の高さなどは追求はしないことを前提と言えます。

制作会社にDTPデザインを外注する場合に一番の問題になるのが、品質を優先するのか価格を優先するのかです。
実は一般的にデザイン制作会社への外注は最も高額になりますし、依頼内容によっては数倍から10倍ほどの価格差が発生しえます。
ただデザインを得意とする制作会社やクリエイティブエージェンシーを外注先として選択した時には、それなりの高いクオリティーを期待することができるのです。
ですから、企画や打ち合わせに制限なく費用をかけられて、より良いものを制作したいと考えているのなら、やはりデザイン専門会社が向いていると言えます。

今まではDTPデザインの制作を外注するのは、印刷会社や制作会社などが一般的でしたが、最近ではインターネットの普及に伴いクラウドソーシングという新しい方法が定着してきました。
日本国内においてクラウドの利用価値や認知が広まってきている影響もあるようで、今後は多くの人が利用できる外注方法として広がっていくと考えられます。
ちなみに、利用方法も簡単で登録から受発注まで一貫したフレームワークで実施できるので、比較的誰でも無理なく気軽に始めることができるのです。